東京のピアノ教室開設にかかる費用

東京でピアノ教室を開設するにあたっては、さまざまな準備を行わなければなりません。講師は自分だけなのか、他にも雇うのかによっても必要な経費などは異なってきます。教室を開く場合にはまず会場を決めなければなりません。これは、会場を借りるのか、自宅を使うのかによっても異なってきます。会場を借りたとして、最初から生徒が沢山来るとは限りません。教室として軌道に乗るまでは数カ月かかるかもしれないということを視野に入れておく必要があります。そのため、テナントを借りる場合は、生徒が思うように集まらない場合に経営を圧迫しないように考慮しておかなければなりません。基本的には、テナント料は収入の15%を超えると経営が難しいと言われていますので、収入の目安を考えた上でどこを借りるかを考慮しましょう。

初めて東京でピアノ教室を開く場合

いきなりテナントを借りて、もし生徒が来なければ経営が難しくなってしまいます。そのため、最初は自宅を利用するというのがおすすめです。自宅であれば、テナント料を支払う必要はありません。また、既に防音設備なども整っている場合が多いと思われますので、経費をかなり抑えることも可能です。最初は自宅で教室を開き、生徒が増えてきたらテナントを借りるという方法が、経営的にも安定できるでしょうし、安心して教室を開くことができるでしょう。講師が自分一人の場合は、受付の人の人件費なども必要ありません。まずは、経営を安定して行うことが大切ですので、最初は堅実に経営を行っていくのが得策です。しかし、自宅で始めたとしても他にも色々と経費は必要となりますので、リストアップしておくことが大切です。

東京のピアノ教室の経営に必要なもの

会場は自宅で行うとしても、それ以外にも設備などが必要です。ピアノの調律はこまめに行わなければなりません。大切な商売道具となりますので、これは必要経費として計上しましょう。水道光熱費などは、自宅を利用する場合は教室運営にかかる部分を必要経費とみなして計上することができます。生徒への連絡手段を電話とする場合は電話代、インターネットでホームページを掲載したりメールフォームからの問い合わせを可能にするのであればインターネット代などが固定費としてかかります。次に待つ生徒やソルフェージュを行う時のための机やいすなども必要です。自宅にあるものを使用すれば経費はかかりません。教室においておく楽譜代や自分の研鑽を積むための楽譜購入費用、セミナー参加費なども意外とかかります。