ピアノ教室を東京で開く場合に必要なこと

音楽大学を卒業した後に、ピアノ教室を開校したいと考える人も増えてきています。そのためには、さまざまな準備を行っていくことが必要です。具体的に何を行っていく必要があるのかを考えていきましょう。まずは、教室をどこに開設するか場所を検討します。立地条件はとても大切な課題です。特に場所を借りて行う場合は、立地条件の良し悪しによって生徒の集まり具合が違ってきます。ただし、場所を借りる場合は、賃料の問題もあるため、実際に生徒がどれくらい集まるかによって賃料が払えるかどうかも変わってきます、そのため、場所選びは慎重に検討しましょう。東京で教室を開設する場合は、付近のリサーチも必要です。特に、近くに既にピアノ教室があるような場所はあえて選ばない方が得策と言えるでしょう。

東京のピアノ教室開設の際に必要な設備

ピアノを教えるということは、レッスンを行う日に生徒が入れ代わり立ち代わり来て音出しをすることとなります。そのため、ビルなどを借りる場合は、防音工事を行わなければなりません。また、自宅で教えることになる場合でも、防音設備は検討した方が良いでしょう。相隣関係で悩まないようにするためには必要な対策です。ピアノはできればアップライトではなく、グランドピアノを入れるのがおすすめです。アップライトとグランドピアノでは、出せる音色や音のニュアンスの付き方などが異なるためです。言うまでも無く、グランドピアノの方が、より幅広い表現が可能となります。その他、次に待っている生徒さんのためのソファセットなども教室には必要でしょう。生徒さんのソルフェージュを行う際にも使えますので、いすと机のセットは1セット揃えておきましょう。

東京のピアノ教室では宣伝も大切です

最近はインターネットが普及して、調べものをする時にインターネットを用いる人が増えてきています。ピアノを習いたい人も同様です。ひと昔前なら電話帳などで調べましたが、今はインターネットが主流となっています。そのため、広くピアノを習いたい人に教室の存在を知ってもらうために、インターネットのホームページまたはブログなどを開設しておくと効果的です。先生の経歴や月謝、入会金、発表会の開催の有無や会場、発表会費など、生徒さんが知りたいと思われる情報を掲載しておき、問い合わせ用のメールなどを記載しておくと、習いたい側は問い合わせがしやすくなります。電話で問い合わせをするよりもメールフォームなどを利用する方が、習いたい側も先生側も都合の良い時に対応できるので便利です。

当社の実績とは、ピアノなどの楽器の演奏から声楽などまで音楽に関して幅広くプロの講師に学べる教室です。 東京都内2か所、船堀と麻布にある総合音楽教室で、幼児からシニア、初心者から上級者まで、クラシック音楽をしっかりと学んでいただだけます。 音楽には人々を結びつける不思議な力があります。 ピアノ教室の東京都といえば小林音楽教室